周辺観光

駅から徒歩2分の立地なので京都観光にも抜群。
びわ湖一周サイクリング「ビワイチ」の中間地点として利用されたり、パワースポット白髭神社めぐりも♪
恵美寿荘の周辺は、かつて城下町として栄えたエリア。
今も残るかつての建物や、古民家を利用した様々なお店、水辺の景観を楽しみながらぶらりお散歩も楽しいですよ♪

サイクリストの憧れ「ビワイチ」

すっかりポピュラーな言葉になったびわ湖一周サイクリング、略して"ビワイチ"。
周するコースは約200キロ。1泊2日で、湖岸側を走りながら反時計回りに走る人が多いようです。
毎年約5万人以上が挑戦しており、琵琶湖大橋から北側の北湖を回る約160キロのコースも人気です。
ちょうど中間地点として恵美寿荘を利用する人も。
大事な自転車は館内に置けますよ♪

詳細を見る

パワースポット「白髭神社」

白髭神社

創建千九百年、「白鬚(しらひげ)さん」と広く親しまれる近江最古の大社。
湖中の朱塗りの大鳥居でも知られ、その姿から近江の厳島とも。
数え2歳の子に名前を授け、無事の成長を祈る「なる子まいり」の神事が有名。近江七福神の寿老神を祀ります。

詳細を見る

周辺お散歩コース

A.《城下町中心》水辺のまちづくりコース

オススメポイント
近世(戦国時代~江戸時代)の当時最先端のまちづくり、水の利を活かしたさまざまな工夫についてご案内します。
所要時間
通常コース90分/短縮コース60分
見学内容
大溝城跡、総門、まちわり水路、武家屋敷地など

B.《乙女ヶ池・白鬚神社中心》水辺の街道コース

オススメポイント
古代の街道を歩き、水辺に生きる人々の暮らしと、かつてこの地を往き来した人々のものがたりをご案内します。
所要時間
通常コース3時間/短縮コース90分
※短縮コースでは四十八体石仏群および白鬚神社へは行きません。
見学内容
乙女ヶ池、大溝城跡、四十八体石仏群、白鬚神社など

周辺観光施設

びれっじ

びれっじ

いにしえの風情ただよう旧城下町、高島市勝野。
陣屋の惣門や武家屋敷が今なお残っています。築150年の旧商家を商工会の有志が手づくりで改修し「びれっじ」として再生しました。
現在は1号館から8号館まで整備されています。高島(勝野)の旧城下町を散策したら、工房で染色やキャンドルの手づくり体験を楽しんだり、美味しい食事処でひと休み・・・。
びれっじ界隈で、ゆったりとしたひとときを過ごしてみませんか。
1号館には、『高島まちづくり交流サロン』があり休憩していただけます。観光案内や地元の作家さんの作品も販売しています。

大溝城跡

大溝城跡

JR近江高島駅の東南約150mにあります。石垣に囲まれた小高い森が、大溝城の本丸跡です。
大溝城は新庄城(旧新旭町)にいた織田信澄(のぶすみ)(信長の甥)が天正6年に築城したもので、高島郡内から商家や寺院などを移して城下町を造りました。

  • 滋賀県高島市高島勝野

大溝まつり

大溝まつり

日吉神社の春の例祭で、湖西地方随一の曳山祭です。
現在は、5月3月が宵宮祭、4日が本祭、5日が後宴祭です。
この祭礼には、勝野の5地区から、湊(みなと)・巴(ともえ)・宝(たから)・勇(いさむ)・龍(りゅう)の5基の曳山が出ます。

  • 滋賀県高島市高島勝野周辺

  • ※毎年5月3日、4日に開催
大溝城総門・城下町

大溝城総門・城下町

江戸時代初期、伊勢上野から移った藩主、分部氏が、荒廃からの再建に力を注いだ城下町。
水路で水路で区画された町割りが残ります。

(写真提供:(公社)びわこビジターズビューロー)

  • 滋賀県高島市高島勝野周辺

乙女ヶ池

乙女ヶ池

万葉の時代、「香取の海」と呼ばれた乙女ヶ池一帯は、山の麓までびわ湖の入江になっていました。
いまは内湖となり、びわバス・こい・ふな・鱒など淡水魚の宝庫として、釣り人も多い静かな公園になっています。

  • 滋賀県高島市高島勝野周辺

大溝港

大溝港

フルシーズン釣りが楽しめるスポットです。バス釣りの際にはぜひお寄りください。
※外来魚を釣ったら回収ボックスへ入れましょう。

  • 滋賀県高島市高島勝野周辺